液肥・単肥

農業資材の品揃え日本最大級!どなたでも欲しい農業資材が見つかります。

買い物かご


カテゴリから探す

液肥・単肥

液肥Q&A  Q・・・有効期限について
A・・・食品や薬品と違い、肥料は安全性の高い原料が使用されており、成分変化は起こりにくくなっています。したがって肥料の法律である「肥料取締法」にも、有効期限の定めはありません。しかし、キャップが開いたままであったり、長い間、直射日光の当たるところに置いたりしている物は、成分が変化している可能性がありますのでご注意ください。使用後はキャップをしっかり閉めて、直射日光や高温のところを避けて保管してください。  下部へ続く
表示順
201
201
  • 1
  • 2
 農作物の追肥にもっとも適しているのが液肥です。液肥の特徴は、施すと直ぐに効果が表れる速効性が上げられます。化成肥料は一般的に即効性です。成分が水に溶けてから植物に効き始めます。液肥は最初から水に溶けています。施した時から植物に効き始めます。植物が育つのに必要な窒素、リン酸、カリウムを3要素といいます。

 N(nitrogenous)窒素(チッソ)、「葉肥え」、枝や葉を茂らせます。あげすぎは「花」や「実」が付きにくくなるので注意。窒素の主な働きは、細胞の分裂・増殖に必要で、根、葉、茎の発育、繁茂を促し、養分の吸収、同化作用を盛んにします。

 P(phosphate)燐酸(リン酸)、「実肥え」、「花」や「実」のつきをよくします。元肥として必要な量を与えると効果的です。りん酸の主な働きは、作物の生長を早め、根の発育を促し、発芽力を盛んにし、分けつの数や根、茎、葉の数を増やし、子実の収量を高め、品質を良くします。

 K(kalium)加里(カリウム)、「根肥え」、植物の茎や根を丈夫にします。加里の主な働きは、水分の蒸散作用を調節し、根の発育を早め、開花、結実を促進し、日照不足を補います。

 植物の活性を高める製品と低濃度の肥料成分を含む製品を「活力剤」といいます。肥料は肥料取締法により、製品に含まれる肥料成分の含有量が定められています。肥料取締法の基準に満たない製品は「肥料」という名称では販売できません。低濃度の製品は「活力剤」として販売されます。活力剤のみでは植物に充分な栄養を補給することはできません。肥料の補助的に活力剤を使えば効果があがります。

 家庭園芸用肥料とは肥料取締法に基づき、肥料が入れられている袋などの外側の見やすい場所に、「家庭園芸専用」の表示をしている事と袋などに入っている肥料の正味重量が、10kg以下である事。この2つの条件を両方とも満たしている商品を「家庭園芸肥料」といいます。

最近見た商品HISTORY